うつを舐めるな!症状が顕著に出る前に対策を

走る女性

理解とこれから

うつを正しく理解する

ストレス社会といわれる昨今、うつ病の症状を抱えている人は増えています。最近ではうつ病も病気の一つとしてだいぶ理解されてきました。ですが、一昔前はあまり理解されず、怠けの一種やわがままとされてきました。当時のうつ症状の患者にとっては、理解されないが故、うつ病の症状はなかなか緩和されませんでした。 近年では精神医学も発達し、うつに対する正しい治療や投薬などが行なわれています。心療内科などの専門のクリニックも多く存在するようになりました。 また、うつだけでなくさまざまな精神的なショックからくる病気も解明されてきています。ストレスや悩みを抱え込みがちの人は、こういったクリニックを早めに受診し予防する事も一つの方法です。

心療内科や精神科のこれから

うつ症状についての研究は、この先も今も常に続けられています。治療の一つである薬物療法なども、より安全であることを第一に、研究は続けられています。なるべく患者への負担を減らし、なおかつ効果のある投薬を目指されています。 現状では、精神科や心療内科は存在するものの、地域によってはなかなか予約が取れないという問題もあります。まずは患者が行きやすい、話しやすい診療や診察を一番に考え、取り組まれていく必要があります。 また、うつ病の症状について親身になって診てくれるカウンセラーや医者の育成も盛んに行なわれています。 医者にとっての技術とは、患者のこころの診察も大事です。機械だけでは出来ない、こころの診察を第一にこれからのうつ症状の改善は発展していくでしょう。